手を差し出す医師

脳に関係する病

工夫することで得られるメリット

この躁鬱病は、単なる精神病ではなく、脳機能の障害によって引き起こされる病とも言われています。かつては、この躁鬱病に罹ってしまう証拠が見つからなかったため、精神的な問題によって引き起こされるのだと考えられてきました。しかし、現代では医療技術の発達により、脳の一部の疾患によって引き起こされるものであるとされているのです。この躁鬱病を引き起こすとされる症状が、前部帯状回と呼ばれる脳の一部が縮小するために起こると言われています。前部帯状回とは、人の感情を司る部位であり、この部分の疾患によって感情のコントロールができなくなり、躁鬱病のような症状を引き起こしてしまうのです。脳機能の縮小と聞けば、誰もが治療が困難となるのでは、と考えてしまうことでしょう。しかし、この前部帯状回の縮小には、リチウムと呼ばれる物質を摂取することで、症状を改善させることができることが照明されています。縮小した前部帯状回が、謙譲な人と同じ位の大きさにまで回復するため、リチウムの摂取は重要なのです。このリチウムは、躁鬱病の治療薬にも含まれているものなので、きちんと薬を服用し続けることにより、躁鬱病の治療が行えます。躁鬱病の治療に使われる薬は、抗精神薬と気分安定薬の二つがあります。

現在の取り組みやトレンド

抗精神薬は躁状態となる症状を抑えることができるもので、気分安定薬は躁鬱病の予防を行う為に用いられます。二つを服用することにより、現在発症している躁鬱病の治療とともに、再発の防止を行うことができるのです。薬剤の摂取により、脳の神経物資のバランスを整え、躁鬱病に対して高い効果をもたらすでしょう。

 双極性障害とも呼ばれている心の病気でもある躁鬱病は時には入院して治療を行うことがあり、主に心療内科や精神科で対応をしています。そこで実際にこれらのクリニックで躁鬱病の治療を受ける際に、一工夫すると得られるメリットについて紹介をします。  基本的な治療法の1つとして薬を服用することによる薬物療法がありますが、これについて一工夫すると得られるメリットがあります。それは病院や薬局で処方された薬については、無くなるまですべて決められた回数分を飲みきるという内容があります。人によっては症状が落ち着き始めると自分の判断で薬の服用を止めてしまうケースがありますが、これだと治療が途中でストップしてしまう形となってしまいます。なので途中から面倒になるかもしれませんが、躁鬱病などの心の病気で処方された薬は基本的に最後まで飲みきることがポイントです。

 心療内科や精神科など心の病気を専門に扱うクリニックでは、ストレス増加などによって発症することがある躁鬱病の治療を行っています。今ではこれらのクリニックで色んな取り組みが行われているため、それはどのような内容であるかを説明します。  これらのクリニックでは躁鬱病は誰にでもかかる可能性があることを告知しており、なるべくストレスなどを貯めない呼びかけを行っています。躁鬱病と聞くと一部の方がなる病気と考える方もいますが、非常に発症率や予備軍率が多い症状でもあります。なのでちょっとした仕事のミスや私生活でのトラブルが引き金となり、それによって躁鬱病状態になってしまうことがあります。なので現在行っている取り組みとして、誰かに心の悩みなどを相談したいと感じ始めたら早めの受診や治療を推奨しているクリニックが多いです。